FXの基礎

FXの勉強法|1億稼ぐために行なってきたこと

FXで勝つには、勉強をしなければなりません。

何のために勉強するかというと、スキルアップしてトレードで勝つためです。しかし、トレードで勝つには、様々なアプローチがあり、「これをやれば勝てる」という正解がありません。また、為替市場はランダムウォークで不確実性の高い世界で、大損するリスクが常にあります。

これでは、どのように勉強すれば良いのか、全く分かりませんよね。

私は、2009年から勝てるようになり、現在までの月間勝率は90%を超えています。それは、正しい勉強をしたからに他なりません。FXは、強するためのコツを知らないと、いつまで経っても勝てない世界だと感じます。

そこで、私が勝てるまでに行った勉強法をお伝えします。7つの項目がありますので、順番にお読みいただき参考にしてください。

1.FXを勉強するための心構え

これからFXを勉強するにあたり、まず心構えが必要です。

トレードで勝つには、「どんな勉強を」、「どれくらい行なえばいいか」分かりませんよね(詳しく後述します)。これでは、心構えができません。

勉強すれば簡単に勝てそうだと感じる方、上がるか下がるかを予測するだけだから勝敗は確率的に半分だろう、と考えるかもしれません。一方、FXは損するリスクがあるので、恐怖を感じる方もいるでしょう。

どちらにしても、なるべくして投資で成功するためには、安易な考えでは成し遂げることはできません。あなたは、これから絶対にFXで大きく稼ぎたいですよね。そのためには、コツをつかむまではFXに全てを捧げるような気持ちでなければなりません。

ただ、気持ちだけが空回りしていると、勉強しても頭に入ってきません。

そこで、心構えをしていただくために、FXの勉強が難しい理由を2つ説明します。難しいというと、気持ちが暗くなるかもしれません。逆に、何が難しいかを知ることで、最初から効率よく学ぶことができます。

あなたの心理的なことも関係するので、よく理解してください。

1.1. FXの勉強が難しい理由

長年トレードしてきて分かること、それは、FXの勉強はとても難しいということです。今の私ならどう勉強すればいいのか分かりますが、初心者の頃は全く分かりませんでした(勝てるまで5年かかりました)。

FXの勉強が難しい理由は、正解がない世界なので「基礎知識を暗記しただけではトレードでは勝てない」からです。

これは、日本人特有のことかもしれません。
小さいころから学校で暗記させられ、社会人になっても与えられた仕事をこなすのが日常ではないでしょうか。答えと簡単なプロセスを暗記すれば、いい成績になります。どちらかというと、受け身の姿勢です。

しかし、FXは全く違います。

基礎知識を暗記することは絶対に必要ですが、それだけではトレードで勝てません。正解がない世界ですから、暗記だけでは太刀打ちできないのです。自問自答して数々の壁を越えていき、自分で答えを探していく。FXでは、これが必要です。

具体的には、

・どこでエントリーすれば勝てるのか?
・損切りはどこで行なうのが適切か?
・資金管理は何が一番いいか?
・通貨ペアごとの戦略はどうするか?
・自分に合った時間軸は?

このように、知識をインプットしたら常に自問自答し、自分だけのやり方を作り上げていく必要があります。

特に重要なのは、利益をあげるまでのプロセスです。一つのトレードを行なうにあたり、「戦略を立ててエントリーしてイグジットする」までのプロセスを、全て自分で組み立てなければなりません。

FXを勉強していく上で、自問自答してこの組み立てをやっているかどうかで、雲泥の差がでるでしょう。

正解がない世界だからこそ、自分で考える思考回路が必要なのです。ほとんどのトレーダーが勝てるようにならない大きな要因は、暗記するにとどまっているからです。基礎知識を暗記するだけでなく、覚えたことを利益に変える方法まで考えることが大事です。

ちなみに、本を読んでも勝てるようにならない、勝てるトレーダーの手法をマネしても勝てないのは、このためです。自分で一連のトレードを組み立てる勉強をしていないからです。

このように、FXの勉強が難しいのは、「暗記して終わり」という教育を受けてきたことにもよります。学校や仕事の勉強とは一味違ったやり方が必要になります。

1.2. 大人は勉強しない傾向にある

もう一つ覚えて欲しいことは、謙虚さを持つことです。

誰しも、そんなことは分かっていますし、「自分は謙虚だ」と思うかもしれません。しかし、心のどこかで次のように考えていませんか?

・少し勉強すれば勝てるようになる
・まだ本気出してないから
・自分は理解力がある
・そのうち勝てるでしょ
・時間ができたら勉強しよう

こういう人は、勝てるようにならないでしょう。

心のどこかで、今できない理由を見つけ、勉強を先延ばしにします。謙虚さがあるようで無いのが人間です。また、大人になってからの勉強は、子供の頃のようにうまくいきません。変な知識やバイアスがあり、すぐに結果を出したいという焦りから、時間をかけて真剣に勉強する姿勢がないのが大人です。

そして、プライドもあることから、能力の低い人ほど少し勉強しただけで分かったつもりになり、勝てると思い込んでしまいます(これを心理学でタニングクルーガー効果といいます)。

これは、初心者のころの私にそっくり当てはまります。

FXは、上がるか下がるか確率は二分の一だから、少し勉強すれば簡単だろうと考えていました。この浅はかな考えを持っていた最初の5年間は、勝てなかったのです。確かに、知識はついていましたが、利益にするまでのプロセスを組み立てていなかったので、いくらトレードしても利益にできなかったのでしょう。

このように、大人の勉強は、自分が思っている以上に真剣に取り組まなければなりません。その心構えが絶対に必要です。

2.FXはどれくらい勉強すれば勝てるようになるか

心構えができたところで、「どれくらい勉強すれば勝てるようになるの?」という疑問がわいてくるのではないでしょうか。半年勉強すればいいのか、それとも5年なのか、期間が分からないとやる気になりませんよね。

2.1. 勉強する期間は3年

私の経験則からいうと、「FXの勉強期間は3年」と考えるのがおすすめです。

石の上にも三年、と言われるように、3年間は集中して勉強してください。そうすれば、ある程度の利益が出せるようになるでしょう。3年間は全く勝てないのかというと、そんなことはありません。

3年勉強するつもりで取り組んでいれば、それよりも早く勝てるようになりますし、コツをつかむのは1年もかからないと思います。

2.2. 効率よく勉強するには毎日続けること

効率よく勉強するコツは、ただ一つです。

それは、「毎日続けること」これに尽きます。

仕事もあるでしょうし、副業のFXに毎日時間を割くのは、意外と大変なことです。また、帰宅後に疲れているとき、投資の勉強をするというのは、心が折れてしまいますね。しかし、勉強する時間の量は関係ないのでご安心ください。

今日は10分とかでもいいですし、何時間も取る必要はありません。ただ、どんなに短い時間でも、チャートは必ず見た方がいいです。重要なことは、たとえわずかな時間でも、監視している通貨ペア、たとえばドル円ならドル円で、相場の流れを頭に入れることです。

・昨日の高値はいくらか
・今日の安値で反発しているか
・経済指標で上下どちらに動いたのか
・サポートラインはどこか

トレードはしなくてもいいので、このような相場の流れを毎日追いかけてください。5分や10分あれば、当日と前日の流れは分かるはずです。これを明日も続けることで、1日前に見ていた相場からどのように推移したのかが分かるようになります。

これはとても重要です。
値動きがどのように移り変わるのかを体感することで、どこでトレードすればいいのか少しずつ分かってきます。勉強して知識をインプットしたら、アウトプットしていくことにもつながります。

時間の量ではなく、毎日続けるかどうか、です。やらない日があると、相場の流れが分からなくなり、値動きの感覚が途切れてしまいます。そうなると、「まず勝てない」と思ってください。

時間に関係なく、毎日少しでも良いので勉強をする、という姿勢を持ちましょう。週末にまとめて勉強するのではなく、毎日コツコツやるということです。 

3.FXのおすすめの勉強法

勉強といっても、何をインプットすればいいか分かりませんよね。そこで、効率よく勉強するためのコツを3つ紹介します。この通りにやれば、最短で学ぶことができるはずです。

・3つのステップを頭に叩き込む
・全体像をつかむこと
・最低限やること

最初は、この3つを意識してみてください。順番に見ていきます。

3.1. 3つのステップを頭に叩き込む

これから勉強していくにあたり、3つの段階に分けて考えると、目的が認識しやすいです。

≪3つのステップ≫

1.毎日、本やサイトを少しずつ読みながらチャートを操作する
2.時には注文を出してトレードする
3.手法、資金管理、メンタルを構築

最終的には、3の手法(トレードルール)を構築することが目的です。

ただ、資金管理とメンタルについても学ばなければなりません。FXで勝つには、3つのM(Method、Money、Mind)が必要なので、手法だけでなく、資金管理とメンタルも含めました。手法、資金管理、メンタルを構築するために、1と2を日々行なうイメージです。

今すぐやるのは、1です。そして2も実践していき、最終的に3を確立していきます。目的は3なので、この順序で勉強を進める、という意識を持ちましょう。

3.2. 全体像をつかむこと

上述の3つのステップで勉強を進めていくのがおすすめですが、さらに、全体像をつかんでおくと、なお良いです。

全体像とは、「なにを勉強すればFXで勝てるようになるのか」ということです。勉強していることが、本当に意味があるのか分からない状態だと、間違った勉強をしていないか不安になります。

そうならないよう、FXの全体像をつかんでおくことが重要です。主に、次のようなことだとお考えください。

・FXの仕組み
・必要資金
・レバレッジとは
通貨ペアとは
・ファンダメンタルとテクニカル分析
・3つのトレードスタイル

最終的には、「こうなったら上がりやすい、こういう時は下がりやすい」というパターンを知ることです。トレードの実践では、こうなったら上がりやすい、という場面でエントリーすることになります。

そのために、全体像を頭に入れておくと良いでしょう。基本的な知識と言えますね。

なお、この全体像は、本を読めば網羅できます(詳しくは後述します)。

3.3. 最低限やること

今のうちにやっておくべき、最低限のことがあります。これから勉強をスタートするとき、次の3つについては、すぐに初めてください。

・取引口座を開いて操作方法を覚える
・注文方法
・取引単位

トレードするには、FX業者の口座を開き、入金する必要があります。

私が使っている業者は、こちらで書いているので参考にしてください。1社ではなく、数社開設するのがいいでしょう。そして、売買のやり方や注文の出し方など、実際に取引ソフトに触れましょう。このとき、いくつかの業者を比べると、自分に合った口座が見つかります。

なお、取引単位が、業者ごとに違うので注意が必要です。

FXでは、取引量のことをロット(Lot)と言います。

最低取引単位は1,000通貨のところが多く、ある業者では、1,000通貨のことを0.01ロットと表現しますが(1,000通貨=0.01ロット)、別の業者では、1,000通貨のことを1ロットと言います(1,000通貨=1ロット)。同じ取引量でも、表現の仕方が違うので、とても厄介です。これは慣れるしかないので、混乱しないようにしてくださいね。

口座を開いたら、その業者の1ロットが何通貨を示しているのか、確認してください。

まとめると、今すぐにやることは、売買口座を数社開き、取引ソフトを触りながら操作方法を覚えることです。

4.FXで具体的に勉強すること

では、勉強する内容を見ていきましょう。

相場の世界では、これを勉強すればトレードで勝てるようになる、というものはありません。ただ、「基礎知識を覚える」ことは間違いありません。インプットですね。そして、アウトプットしていきます。

その方法は、3つのステップですすめていきましょう。

1.本を読んでインプット
2.アウトプット
3.ノートをとる

私が勉強してきた方法なので、これを行なえば間違いなくスキルアップするはずです。コツがあるので、順番に見ていきます。

4.1. 本を5冊買おう

これからFXを勉強するなら、まず初めに絶対に本を読んでください。これからFXを勉強しようと思うなら、本を読む以外は何もしなくていい、というくらい重要です。まず、初心者向けの本が良いでしょう。

本がおすすめの理由は、

・相場に関する知識が網羅できる
・内容が精査されている
・FXの全体像が分かる
・集中して読める

このような感じです。

全体像をつかむ、という点は触れました。本にはいろいろなことが書かれていて、どうすればレートを予測できるようになるのか(トレードで勝てるようになるのか)、おおよそ分かってきます。やることが分かれば、次のステップは、専門的に学べばいいでしょう。

このように、初心者向けの本は、メリットだけでありデメリットが見当たりません。

書籍代はかかりますが、2000円も出せば1冊買えるでしょう。1万円あれば、5冊は買えるはずです。初期投資と考え、5冊は買うようにしてください。5冊読めば、FXで必要な基礎知識は網羅できます。今まで知らなかった世界の知識が、短期間で入ってくるので、投資の世界が広がるイメージが持てるでしょう。モチベーションが上がるので、ますますやる気が出てきます。

私は、最初の1年から2年で100冊ほど本を読みましたが、最初に本を読んで本当に良かったと思っています。最初に知識を吸収して良かったです。100冊までいかなくても、5冊は読んでください。 

4.2. アウトプットは逆算して検証する

本を読むと、実際にトレードしたくなってきます。
トレードを始めましょう。リアルトレードが怖いという方は、デモトレードでもOKです。

トレードするときのコツは、最初から利益を出そうとしないことです。トレードルールがないと、利益を出すのは難しいです。値ごろ感でトレードして勝てたとしても、それはまぐれであり、勝ち続けることはできません。トレードルールを作ることが、何よりも重要なのです。

そこで、トレードするよりも、チャート分析をすることに重点を置いてください。

まず、過去のチャートで分析するのですが、何年もさかのぼって検証しようとすると、気が重くなりますよね。日足や週足なら1日でできますが、15分足や1時間足になると、半年や1年分さかのぼる必要があり、時間的もかかって面倒です。

そこで、前日のチャートだけを見てください。

このとき、チャート分析するコツは、「どこでエントリーしていれば勝てたのか」というポイントを探すことです。とりあえず、今日と昨日の2日分だけを検証してみてください。なぜなら、今見ているチャートが1日経過し、過去になったとき、覚えていられるのは1日だけだからです。

チャート分析で重要なのは、自分があの時考えていたことの、答え合わせをすることです。

つまり、今チャート見て、上がるとか下がるとか考えると思いますが、それが明日になり、「実際にどうなったのか」結果が出ますよね。その検証です。そうすると、「あの時、買っておけば良かったのか」という検証ができ、「なるほど、こういう場面でエントリーすればいいのか」と分かってきます。

利益を出すために、未来を予測してエントリーするのではなく、1日前のチャートから逆算し、勝てていたポイントを探すことがコツです。

これを毎日繰り返すことで、トレードすべきポイントが分かってくるのです。

何日、何週間も前の過去チャートを見ても、その時自分が何を考えて相場を見ていたのか、さすがに覚えていることは無いですよね。そのため、前日のチャートで充分ということです。 

4.3. トレードノートを取る

1と2をやっていると(本を読んで逆算の検証をする)、「こうすればいいのか!」というアイデアが、たくさん思いつくようになります。それを、書き留めておくようにしてください。ひらめいたときに書き留めないと、忘れるからです。

これまでFXの勉強をしていなければ、初めて知ることがたくさんあります。

本を読むことで知識の量が大幅に増え、その上でチャート検証していると、多くの気付きがあります。学生の頃は、ノートやメモを取ってきたと思いますが、大人になってからノートを書く習慣がある人は少ないでしょう。

1.2.で触れたように、大人だからこそ、謙虚になって勉強すべきです。

どんな些細なことでもいいので、思い付いたことはノートに書き留めるようにしてください。思ったことを書くのは恥ずかしい気もしますが、デメリットは全くありません。誰かに見せるわけではないので、気にしなくていいでしょう。やがて、知識が整理されてトレードルールになっていきます。

余談ですが、トレードノートの延長にあるのが、書籍です。

気付いたことを何年も書き続けると、ルールができて、さらにどんな相場でも生き残れそうなトレードのやり方が自ずと分かってきます。それが何百ページにも渡るマニュアルとなり、書籍が発売できるようになります。これまで2冊の執筆依頼がありましたが、自分のトレードノートをまとめたようなものです。

ちょっと話が飛躍しましたが、出版するかは別として、何百ページにおよぶ「気付き」や「アイデア」を覚えておくのは、書き留める以外に方法は無いでしょう。 

5.FXの勉強は独学で充分可能

FXは、独学でOKでしょうか?
答えは、OKです。

FXの勉強は、勝っているトレーダーに教わるのが一番早い、という考え方もあります。学び方に正解はないので、誰かに教わっても良いでしょうし、完全に独学でも問題ありません。要は、トレードルールを自分で構築し、勝てるようになれば良いですよね。

どちらにしても、受け身の姿勢ではなく、自分でルールを作ろうという実行力が必要です。

特に、人に教わっていると、学ぶ順番を教えてくれて、トレードのやり方や手法も全て教えてくれるだろう、という受け身になりがちです。これでは、学校の授業と同じになってしまい、実践で活用することができません。

最初は勝っているトレーダーに教えてもらったとしても、最終的には、あなた自身でトレードルールを作り、自分だけのやり方を築くようにしてください。真似しているだけでは、いつまで経ってもスキルにはなりません。

最初から独学でもいいですし、人から教わるにしても、「すぐに独学するんだ」という気持ちが必要です。3や4でお伝えしたことを、順番にやっていけば、最初から独学でも全く問題ありません。

6.テキスト動画のどちらが良いか?

FXの勉強をスタートするとき、本を読むのが何よりも重要だとお伝えしました。本は、テキスト形式ですね。

では、動画はどうでしょうか?

ユーチューブなど、動画でも学べる時代です。無料でアップしているトレーダーもたくさんいます。

私の経験則では、FXの勉強は、「本などのテキストをメインとし、補足的に動画を活用する」方法がおすすめです。私の時代は動画がなかったので、本を読んでチャート分析してアウトプットする、という流れでした。

そのため、動画で学んだ経験がないので、動画の活用方法が分かりません。ただ、動画だけでは学びきれない、と断言できます。その理由を説明します。

まず、インプットとアウトプットの勉強方法を、2つずつ分けると、次のようになります。

インプット

・読む
・聞く

アウトプット

・書く
・話す

FXは、「聞く、話す」ものではなく、どちらかというと「読む、書く」に近いです。チャートを見て視覚的に判断し、自分のペースで注文を出せます。

トレードを、事務作業と考えるといいかもしれません。デスクワークで、黙々と作業をこなすイメージです。視覚から情報を取り入れ、手で作業をする感じでしょうか。

また、読む方が記憶に残ります。
本を読んで、トレードノートに書き留めることも、「読む、書く」に該当しますね。人は、理解したことを言語化することで、記憶に残ります。「読んで書き留める」ことが、記憶の定着につながります。

もちろん動画が悪いわけではありません。
相場はリアルタイムで動いているので、トレードの臨場感は動画でしか伝わりません。文字では、臨場感が無いですからね。そのため、動画を見ると、「なるほど、こういう時にエントリーするのか」と納得する場面も多いでしょう。

ただし、全く知識が無い状態で動画を見ても、知恵に変えることは難しいと感じます。本だと自分のペースで読めますし、読みながら考えることができます。

動画だと、初心者が聞きながら考えることは難しく、聞き流すにとどまってしまうからです。これだと、言語化できないまま過ぎ去ってしまいます。

そこで、テキストを中心とし、基礎知識がついたら動画も活用する、というのがいいでしょう。テキストは絶対に外さない方が良いと思います。

あと、動画は、どれを見るかが問題ですね。

これを見ればOK、という動画は存在しません。
動画だと、解説している人の癖が、顕著になります。本の場合、出版社によるプロの編集を経ていることや、基礎知識が凝縮しているので、初心者の勉強に最適です。本なら、書店に並んでいる初心者向けの5冊を買えば、誰が読んでも同じ環境です。

・テキストのみはOK
・テキストと動画の併用もOK
・動画のみはNG

このように解釈してください。

決して、動画を否定しているわけではありません。テキストで勉強しているからこそ、動画が生きてくるものです。あくまでも、テキストで基礎をインプットしてくださいね。

7.FXのおすすめサイト

初心者が勉強するには、FX業者のサイトを見るのが一番良いでしょう。

どの業者でも、「FXとは?」について細かく解説していて、FXの仕組みを覚えるには、業者サイトが最適です。読み尽くすべきです。書籍1冊分ほどの量があり、内容もプロが書いているだけあって、分かりやすいです。

本と同じで、1社ではなく数社のサイトを読むと、完全に理解できます。おすすめの4つをあげておきますので、サラッと読んでください。

・ヒロセ通商
・JFX
・外為どっとコム
・トレイダーズ証券

なお、個人が書いているブログだけ閲覧するのは、おすすめしません。

個人だと内容が偏っていて、基礎知識を網羅できないです。もちろん私のブログも例外ではありません。万人が勝てるような知識をブログで書くのは難しく、自分が実際にやっている手法や、取り組んでいることを書いているからです。

また、主観が強い場合や、誤った情報が書いてあっても、初心者だと見分けがつきません。

間違った理解をすると、トレードで勝てなくなるので、個人のブログやサイトだけで勉強するのは注意が必要です。

ただ、ある程度の基礎知識がついてきたら、個人ブログはとても参考になります。他のトレーダーの勝ち方や、考え方を知ることは勉強になるからです。ただし、サイト内容の良し悪しを判断できるくらいに、あなたの基礎知識があることが前提です。

FX業者のHPで基礎知識をインプットしつつ、個人のブログやネット上のサイトを見ると、知見が広がるでしょう。

8. まとめ

FXで勝てるようになるには、トレードルールが必要です。そのためには、勉強しなければなりません。

時間が無い、というのは言い訳に過ぎません。時間ができたらやろう、と考えていると結局FXをやらずに人生終わってしまいます。なぜなら、本来副業であるFXはやらなくてもいいものだからです。

もし、人生を変えたいなら、今すぐに勉強をスタートし、知識をインプットしてくださいね。勉強する日が早いほど、あなたが成功する日も、早くなります。

上述の手順で勉強すれば、勝てるようになるはずです。なぜなら、私がやってきたことそのものだからです。ぜひ、勉強をスタートしましょう。あなたが得た知識は、やがてお金を生み出すようになります。